ご挨拶 greeting

ご挨拶

当社は、昭和32年(1957年) 東京江東区にて段ボール函の製函を開始し、昭和39年(1964年) 埼玉県日高町にて主たるお得意先である丸美屋食品工業株式会社様と主材料である段ボールシートの仕入先である株式会社トーモク様の資本参加を頂き、埼玉段ボール株式会社として創業致しました。
以来60年に渡り、埼玉県内を主要な販売エリアとして活動しております。「人にやさしく、お得意先様に誠実であれ」を会社理念とし、社員には年間125日の休日と有給休暇の積極的な使用を推奨し、健康で安定的な家庭生活が維持できるよう経営努力をし、お客様に対してはお客様一社一社の多様な要望に対応すべく、製造・販売一体となり日々研鑽を重ねております。
自社工場では主に小ロット・多品種・短納期の製造を中心に行い、大ロット・低価格・特殊な材質の製品、特殊な形態の製品をはじめ、全国各地にて同じ段ボールケースを使用される等あらゆるニーズに対応すべく、各地の段ボール製函会社と連携の取れるネットワーク作りを何十年としております。
ここ十年来の技術の進歩により、産業構造は大きく変化してきておりますが、地域における段ボールケース工場として堅実な経営のもと、段ボールケースの需要のある限り、安定的な供給元としてお客様が必要とする製品を必要な時にお届けできる工場であることをめざしております。
また、近年では物流子会社の設立に伴い、川越に新倉庫の運営を開始しました。大規模の物流拠点ではなく、新規事業立ち上げ時に必要であろう小規模の物流拠点として、梱包・発送業務で地域のお客様のお役に立てればとの思いからですが、今後の発展の一翼を担えればと願っております。


代表取締役社長 北川 潤

企業理念